容器から出たサプリ

pmsを治療する|ホルモンバランスコントローラー

辛い症状を抑えるために

スマホを持った女の人

pmsは身体的にも精神的にも辛い症状があらわれてくるようになり周囲にも迷惑をかけてしまうこともあります。病院で診てもらいながら薬を処方してもらい治療を行ないながら、普段の生活でハーブを使うと症状を緩和させることができるようになります。

詳しく読む

月経前症候群とは

草原にいる女性

pmsは月経前症候群という名前で知られています。主な原因としては、女性ホルモンの分泌量のバランスが乱れていることが考えられます。今、注目されている治療法の中で最もおすすめできるのは【栄養療法】です。一切、薬を使用しないため副作用の心配がなく安心できます。

詳しく読む

月経前の不調を改善

金色のサプリメント

pmsの治療には主に低用量ピルが用いられますが、サプリメントで症状を緩和する方法もあります。pmsに効果的とされるチェストベリーは、ホルモンのバランスを整えるため、更年期障害の緩和やバストアップにも用いられています。

詳しく読む

女性特有の症状の軽減に

困る女の人

投薬が有効

pmsは女性の8割以上が経験しているというデータがある生理前の不調のことです。頭痛や腰痛、腹痛、胸の張り、イライラする、悲しくなる、倦怠感があるなど様々な症状があり、それらの総称がpmsと言われています。pmsが起こる原因は女性ホルモンの分泌バランスが崩れることにあり、ホルモンの分泌バランスには個人差があるため、pmsの症状も人によって全く違ってきます。治療のためには避妊薬である低用量ピルが使用されることがあります。女性ホルモンのバランスを整えるため、根本的な治療ではありませんがpmsによって起こる様々な症状を軽減することができます。低用量ピルで治療を行う場合には、他の薬と同じように何らかの副作用が出る可能性があります。

低用量ピルの副作用とは

低用量ピルには女性ホルモンが配合されています。それにより女性の身体を妊娠しているのと同じようなホルモンのバランスを整えることで様々な不調の軽減が行えます。妊娠している女性は出産時などに流血をしてしまうのですが、その流血をすぐに止めなければならないため血液が固まりやすくなっています。そのため、血栓ができてしまう可能性があり、手足のしびれや呼吸が苦しくなるなどの症状が出ることがあります。また、軽度な副作用では腹痛や下痢、だるい、といった症状が出ることがありますが、これらの軽度の副作用は低用量ピルを1シートほど服用すれば軽減すると言われています。現在、低用量ピルは海外通販などで安く手に入ることがありますが、これらの副作用が起こることを考えるとしっかりとした医療機関で処方してもらい、万が一の時には治療してもらえるようにしておくことが重要です。